アラフォーバツイチ女が恋活してみた。

アラフォーのシングルマザーが恋活(婚活?)してシンドくなったり楽しくなったりするブログです。

変わり者Eさん⑭あくしゅ

前回(変わり者Eさん⑬右手にはホテル街)の続きです。

 

夜の街を歩いてお店を探すも

いいお店をみつける前にホテル街

にぶつかってしまった私たち。

 私は(これはEさんの作戦!?)

と疑心暗鬼になりましたが、

Eさんはまったくそんな気配を

見せず、駅まで辿りつきました。

本当に自意識過剰もいいところ!

 

終電まではまだ少しありますが

ホテル街事件の事もあり今日は

やめとこうと思った私はEさんに

「今日は帰りましょう」

と提案しました。

Eさんは少し考えた後に

 

「そうですね、また」

 

と同意してくれました。

二人でホームまで一緒に歩いて

私の電車が来るまで、とりとめの

ない話をしながら待ちました。

お店も外も薄暗かったけど、

駅は当然ながら蛍光灯で明るく、

(化粧崩れてるよな…ああ…)と、

Eさんの顔が見れませんでした。

アラフォーの悲しい現実…!

 

そして電車が到着。

私は化粧崩れした顔をあげると

「今日は本当に楽しかったです!

ありがとうございました!」と、

全力の笑顔で言いました。

Eさんも微笑みながら

「俺も楽しかったです」

シッカリ目を見て言ってくれました。

至近距離で見つめられドキドキ…

 

ああ、本当に次が

ありますように…!

 

そう強く思い、電車に乗る直前

思わずEさんに手を差し出しました。

ちょっと驚いた顔になったEさん。

しかしすぐ差し出し返してくれて

 

ギュッと握手

しました。 

f:id:mame-again:20190403221931p:plain

そして電車に乗り込みました。

こうして7年以上ぶりの男性との

デートが終わりました。

え?Cさんともデートしたやろ

って?あ、あれは…ノーカンです。

 

電車に乗ってる間もニヤニヤと、

だいぶ気持ち悪い私。

しばらく反芻した後にEさんへ

お礼のLINEを送りました。

するとすぐにEさんから返事が。

 

「楽しくてあっと言う間で

時間が足りませんでした。

平日の昼間なら時間取れるん

ですっけ?」

 

あああああああああああああ

もっかい会ってくれるんだ!

嬉しくてクルクルと回り

壁に小指を打ち付けました。

いたい、いや、本当にうれしい。

 

何年振りか分からないレベルの

ドキドキを胸に、布団にもぐり

何度もEさんからのLINEを

読み返しながら眠りにつきました。

 

続きます。

 

これまでの婚活話はコチラ

 

いつもありがとうございます…!

応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ