アラフォーバツイチ女が恋活してみた。

アラフォーのシングルマザーが恋活(婚活?)してシンドくなったり楽しくなったりするブログです。

Eさん信頼への道③家に入れてもらえない女

前回(Eさん信頼への道②アプリを退会できない?)のつづきです。

 

Eさんとの関係において、

すぐ不安に頭を占領されてしまう事が

どうにもしんどくて嫌気がさした私は、

「本命の条件」に何一つ当てはまらない

この現状をなんとかしようと思いました。

 

=============

【本命彼女にすること by恋愛記事

1、結婚など将来の話をする

2、友達に紹介する

3、好き、愛してる、と言葉にする

4、家や地元に招き入れる

5、LINEの返事をマメにする

6、休日に一日デートをする

7、記念日やイベントを一緒に過ごす

8、プレゼントを贈る

9、夜や休日に電話に出る 

=============

 

 1の結婚話は付き合う時に

「将来の約束はできない」と言われて

いるので、まぁまだ出なくて当然。

 

2の友達に紹介は、基本夜しか会えない

状態なので気にしていませんでした。

(私も紹介しようと思った事ないし)

 

3の「好き」と言われることに関しては

Eさんの口下手っぷりを見ていると

まぁ難しいだろうな!と思ったのですが

一応「好きって言われたい~」とお願い

してみた結果…蚊の鳴くような声で

言われた…気がしますが空耳だったかも。

いや、言ってもらったって事にしよう。

 

そして、問題の4です。

 

付き合ってすぐの頃、Eさんに

「家に行ってみたい」と言ったのですが

会社と家が至近だからと断られました。

嫌われたくなかったのでその場は諦めた

のですが…婚活関係のブログやSNSで

 

家に入れない男は既婚者

未婚だとしても本命アリ

 

というのを山ほど見つけてしまい、

そのたびに吐きそうなほど不安になり

最終的にEさんのマンション名をググって

間取りを確認するなど、気持ち悪い

行動にでました(単身向けでした)

 

このままではストーカー化する…!

(既に半分なってる)と恐ろしくなった

私は付き合って1年ほど経ったある夜、

(アプリ問題の直後)想いをぶつけました。

 

「ねぇ、彼女なのにどうしてEさんの

家に入れてもらえないの?そんなに

私の事が信用できない?」

 

するとEさんが言いました。

 

「それは逆だよ、

信用されてないのは俺だ。」

 

…………確かに。

信用していたらどうでもいいこと。

でも、残念な事に、私はそこまで

Eさんを信用できていないのだ。

まぁいっかとはどうしても思えない。

 

「確かに信用していないのかも、

私にとっては家に入れてもらえない

ってそのくらい不安なことだよ。」

 

すると…

 

 

「うーん…じゃあ

一回だけ来るか?」

 

 

とまさかの打診が!!!

一回だけって何やねんと思いましたが

私にとっては月面に降り立つほど大きな

一歩です、絶対にこの機会を逃すまい。

 

「いく!行きます!!

やった~嬉しい~~!

ありがとう!!!!」

 

その場でうおぉおお!と叫びそうに

なるほど嬉しい!

「信用できないならもういいよ」

なんて言われるかもと思っていた

ので泣きそうだ。

 

そして更に私が嬉しかったのが…

 

「じゃあ、えっと…

今から来る?」

 

という何気ない一言。だって、

私が行きたいと言ったタイミングで

家にあげられるって事は

「そこにやましい物はない」って事。

(Eさんと私の家は車で20分の距離)

例えば既婚だったり他に出入りしてる

女がいるのであれば、その影を消す為

すぐどうぞとは言えないと思うのだ。

 

もし他に女がいても普段から入念に

証拠隠滅をはかるタイプであれば

いつでもOKだとは思うのだけど、

これだけは分かる…

Eさんはそんなマメな人じゃない。

正直この一言で、私の疑いは八割

くらい晴れてしまった。

 

でも、万が一と言うこともあるし

Eさんの自宅に興味がありすぎる!

残念ながらすぐ行くということは

できないけど、私はすぐさま日程を

調整しEさんの家に行く日を決めました。

 

 

そして訪問当日…

 

 

初めてEさんの家に足を踏み入れた私は

そこに広がる風景に衝撃を受けました。

 

つづきます。

 

これまでのEさん

離婚するまでの話

裏話とか更新お知らせTwitter

 

よろしくおねがいします。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ