アラフォーバツイチ女が恋活してみた。

アラフォーのシングルマザーが恋活(婚活?)してシンドくなったり楽しくなったりするブログです。

Eさん信頼への道④衝撃のおへや訪問

前回(Eさん信頼への道③家に入れてもらえない女)のつづきです。

 

部屋に行きたいといっても

なんだかんだと理由をつけられて

入れてもらえず

「既婚者か本命がいる?」

と疑いの気持ちを持ち、悩んだ私は

Eさんにどうしても部屋に入りたいと

頼み込みました。

 

すると「一回だけ来る?」

ようやくお許しをいただけました!!

付き合って一年…ついにこの日が…

前の晩は眠れないほどドキドキして

「彼氏の家のチェックすべき場所」

みたいな恋愛記事を読んでしまい

ますます眠れなくなりました。

 

そして当日

 

ついに…

 

Eさんの

マンションに到着

 

玄関のカギをあけるEさんの後ろで

高校生が初めて彼氏の家に来た

みたいにソワソワを隠し切れない私。

 

「おじゃまします!」と明るく言って

靴を脱いだけど、その眼光はきっと

ベテラン刑事のソレだったと思う。

実際、今でも目をつむると玄関の構造

からそこにあった物すべて思い出せる。

我ながら本当に気持ち悪いけど。

 

玄関に女物の傘があり、一瞬ドキッと

したけど「これEさんの?」と聞くと

「雨の時に使っていいよって渡された」

との事、よく見るとボロボロに壊れてて

現役で使っているものではなさそう。

 

セーフ

 

小さな台所は使っている気配もなく、

本当に最低限の調理器具だけがあり

女が料理をしている雰囲気ではない。

 

セーフ

 

部屋に入る前に「トイレかしてー」

言うと「いいよ、あ!流してるかな…」

と確認するEさん。中に入ると本当に

入居したままという感じのお手洗い。

ごみ箱もなければ収納的な物もない。

洗面所も歯磨きと髭剃りしかない。

本当に簡素すぎるほど簡素な感じだ。

 

セーフ、セーフ、セーフ!

 

……って

 

もうほとんど疑いは晴れてるのに

無意識にチェックしている自分がいる。

ヤバいな本当に。。。

 

そしてドアをあけて奥の部屋に入る

……と、私の目に飛び込んできたのは

 

 

壁に飾られた大量のお面

 

 

日本のも多いけど、

アフリカ土産的な木のものもあったり

ヨーロッパっぽい雰囲気のもあり…

なんていうか、すごい視線を感じる。

そして奥には初代と思われるMacや

懐かしのブラウン管テレビ…更に

本棚のうえには謎のフィギュア…

 

いや、なんか…

どこから突っ込めばいいのこれ。

 

Eさんは万年床っぽい布団にゴロンと

横になりスマホを見始めたのですが

私は情報多すぎな部屋に立ち尽くし、

どうしたらいいのかわからず。

 

とりあえずEさんの横に座り

本棚に並べられた本を眺めると、

漫画や仕事関係の本に混ざって…

「マインドコントロール」

「催眠術のかけかた」

「軍艦島」

みたいな怪しい本がたくさん…!

 

f:id:mame-again:20190717220433p:plain

 

「ちょっ、なんかこの部屋

怖いんですけど!!!!?」

 

堪え切れず私がツッコミを入れると

Eさんは「ふふっ」と笑いました。

いつもなら格好いいと思うクールな笑顔

すら何か企んでいるみたいに見える。

 

そして私はハッ!と思い出しました。

そうだよ…Eさんって…

最初から変な人だった。

www.batsu-love.com

 

恋は盲目状態になっていたので

すっかり忘れていました。

河童主演の自作映画を撮っていたり、

怪しい集まりや曰く付きの場所に

行ったりする人なんだった。

 

最初は探偵モードだった私ですが、

部屋に入ってからは借りてきた猫

のように小さくなっていました。

っていうか、ていうかね

 

こんな部屋に

女を連れ込んだら

逃げられるわ

 

私も一年付き合っているから

ギリ大丈夫だけど付き合ってすぐ入ったら

「ダメだ、催眠術かけられて殺される」

って思って逃げ出してたかも。

それを分かっていたのか自分の趣味の

空間だから大切なのかわからないけど、

なんとなく部屋に入れてもらえなかった

のも納得しました。 

 

そんなわけで、

初めてのおへや訪問は衝撃の連続

だったわけですが、浮気の心配は

すっかり吹っ飛んだのでした。 

 

つづきます。

 

これまでのEさん

離婚するまでの話

裏話とか更新お知らせTwitter

 

よろしくおねがいします。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ