アラフォーバツイチ女が恋活してみた。

アラフォーのシングルマザーが恋活(婚活?)してシンドくなったり楽しくなったりするブログです。

支えたい…!

全然会えないし連絡もしてこないし、

こんな関係のままなら終わりにしたい!

そう思い悩みEさんにビデオ通話した私。

 

しかし

そこに写ったEさんはやつれ果てており

事情を聞くと仕事でとんでもなく過酷な

状態に置かれていることが分かりました。

 

そして心配した私が

「仕事やめちゃいなよ。」

と言ったところ…

「俺が辞めたら大変な事になって

残る人たちに申し訳なさすぎる。

それに辞めて転職なんて今さら

俺にできるのかな…」

と、初めて弱音を漏らしました。 

 

これにはズガン!と衝撃を受けました

出会ってから2年近く経ったけれど

いつだってEさんは自信に溢れていて

大変な中でも飄々としていて、

私は応援する隙さえなかったのに。

 

これは…

マジで病みかけてるのでは?

 

 

そう感じた瞬間、

私の中の松岡修造が

目を覚ましました。

 

 

f:id:mame-again:20190826223332p:plain

「確かにEさんが辞めたら大変だよ、

欠員がでても回るようにするのが上司の

役目だけど、ブラックすぎてそれも

望めないだろうしね。だけど!!

残る人たちだって自立した大人だよ!

辛かったら辞める選択肢だってある。

むしろEさんが辞めて崩壊することで

逃げ出すキッカケになるかもしれない」

 

「…まぁな」

 

「転職だって、絶対にできるよ!

Eさんは高学歴だし幅広い知識がある、

人を使う立場も経験している、

そして何よりアホみたいな集中力で

正確にタスクをこなす事ができる。

それを才能と呼ばずになんと呼ぶの!

ぜったい!ぜったいに必要とする

企業はあるよ!!」

 

「そうか…でも休みが一切なくて

転職活動すらできん。」

 

「辞めよう、先に辞めちゃおう!

それを言ってたら一生逃げられない。

その間、私もサポートするよ!」

 

「笑 無職の男だぞ」

 

「転職する間くらい別にいいよ、

仕事が見つかるまでうちに来たら

いい、転職期間くらい養ったる!!

だから大丈夫、絶対に大丈夫だよ。」

 

「…そか、うん、そうだな」

 

 

…と、そんな訳で

うっかりプロポーズみたいな事まで

言ったわけですが、私って

養うの慣れてるじゃん?

乳児抱えて死のうとする人を養ってた

事を考えたら健康な成人男性ひとり

増えるくらい本気で余裕です。

(むしろ毎日眼福…いやいや…)

 

とまぁ、それは置いとくとして。

話してるうちにEさんに笑顔が戻って

くれたので心からホッとしました。

 

続きます。

 

これまでのEさん

離婚するまでの話

裏話とか更新お知らせTwitter

 

不器用男子との山あり谷ありの恋

応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ