アラフォーバツイチ女の恋活、ときどき猫。

アラフォーのシングルマザーが恋活したり猫を愛でたりするブログです。

デートの報告②

続きです。

 

「新年明けましておめでとう」と

Eさんが言って乾杯し、ビールを飲み

「っかー!このために生きてるー!」

と高らかに言うと、Eさんがフフッと

笑いました「なんやねん」と聞くと

「本当にうまいんだなぁと思って」と

嬉しそうにいうので、私も嬉しくなり

デヘヘと笑いました。

 

しばらく趣味や正月番組の話をして

二人で爆笑し、いい空気になったので

何気ない感じで「仕事どーよ」と聞くと

「相変わらずよ」とだけ答えました。

せっかく楽しいのに仕事を思い出させ

つまらなくなるのが嫌だったので、

「そかそか、2020年の抱負は?」と

話題を変えると「なすがまま」と言うので

「変化は求めない?」と思わず聞くと

 

「いや、変化したい気持ちにも抗わず

流されてみようってことだよ」

 

と返され、ドキッとしました。

頑固で地面タイプのEさんにとって

流されるってすごい勇気のいる事、

去年の抱負は「現状維持」だったし。

 

Eさん、やっぱり迷ってそうだなぁ…

と思った私は勇気をだしてずっと

思っていた事を伝えました。

 

「Eさんて本来は多趣味で面白い物に

対して常にアンテナ張ってて行動的な

人だよね、すごく魅力的だと思うよ。

だけどずっと仕事に忙殺されていて、

楽しい事を全然できてなさそうで…

責任をもって頑張っている人に

こんなん言うべきじゃないのかも

しれないけど、勿体ないなと思う。」

 

Eさんは真剣な顔で「そうだな…」と

頷くと「でもニートになっちまう」と

笑うので「人生のうち一瞬ニート期間が

あるくらい屁でもないよ!」とプッシュ

してしまいました、言い過ぎたかなぁ。

 

その後、流れで私がちょっとだけアプリ

で出会いを探した話になり言うか悩んだの

ですがアポした二人について話しました。

Eさんはかなり興味をもって聞いていて、

「まぁやっぱり、気が合うとか面白いと

思える相手なんて早々いない。Eさんと

会えたのは本当にラッキーだったわ。」

と言うと「そっか」と嬉しそうでした。

 

そのとき

 

不意にEさんにおしぼりを渡したところ

Eさんがその手をそのまま握り

「手、あったかいな」と笑いました。

Eさんの目はすごく優しくて、私は

(あ、付き合う前のEさんみたい。)と

思いました、エロい気分の雄な感じ

ではなく、私に恋をするEさんの目。

 

私は嬉しくて喉の奥がぎゅっとしました。

 

 

 

ご、ごめんなさい。

詳しく書きすぎて終わらなかったー!

続きます。

 

未練たらたらのEさん 

子猫のさくととろ 

裏話とか更新お知らせTwitter

 

にほんブログ村 恋愛ブログへ