アラフォーバツイチ女の恋活、ときどき猫。

アラフォーのシングルマザーが恋活したり猫を愛でたりするブログです。

元カレEさん⑲欲情のバランス

前回(元カレEさん⑱ムラムラ)の続きです。

 

Eさんとのデートが叶わず、でも

LINEは頻繁にくるという状態に

乙女な私は満足していましたが、

童貞な私は不満を隠し切れません

でした。Eさんから与えられる

ドキドキがどうしても欲しい…

 

そんな衝動に駆られた私は

 疲れマラって

実際にあるの?」

という一言をEさんに送りました。

 

…さて、お利口さんの読者さんは

「疲れマラ」をググったかしら。 

一言でいうと、男性は疲れると

欲情するって言う俗説(?)です。

 

Eさんからのドキドキが欲しくて

「君は疲れると欲情するの?」

という質問に至ったあたり、とても

最低で私らしいと思うのですが、

別に私だって誰にでもそういう事を

ことを言う訳ではなくて(当たり前)

 

「イチャイチャしたかったね♡」と

送るよりずっと、この質問がEさんの

興味と返事を誘発するってことを

3年の付き合いから学んでいた訳です。

それが素敵かどうかは別として。

 

で。

 

来ましたよ、やっぱり、返事!

そこら辺の男性だったら言うのかな

「え、何?いきなりwww」って。

でも、Eさんは絶対に余計なツッコミ

はしません。さも当たり前のように、

ずっとこの話題について会話をして

いたかのように答えました。

 

 

「あるね。

一時的な運動では無いが

長時間の運動によっては

もたらされる事がある。」

 

 

………最高だ。

ほんっとに、こういう返答好き。

もたらされんのか、欲情が。

これこそ私の望んでいたドキドキ。

Eさん以外の有象無象はどうでも

いい、Eさんは疲れたら欲情する

という事実がドチャクソエロい。

それだけで白米3杯いけちゃう。

 

え、理解できない?

いいですいいです、共感なんて

このブログ始めてから一度も

求めた事ないので。(求めて

ないからこそ共感してもらうと

嬉しいってのはあるけども。)

 

とにかく私はこのEさんの返答に

ハァハァしたわけです。そして

更にエモーショナルな言葉を求め、

質問を続けました。

 

「それは、運動ではなくて

長時間の仕事でも起こる得る?」

 

はい、より具体的な、

Eさんに寄せた質問にした訳です。

こういう会話をどこかで私は

見たことがある気がする………

………そうだ、これだ。

 

オッサン

「最近の女の子って初体験早いの?」

JK

「知らないけど、だいたい周りは

もうしてる気がする。」

オッサン

「そうなんだ~。え、もしかして

君も初体験済なの?(ハァハァ)」

 

これだわ。一般論みたいに話題を

振りつつ君のエロい話聞かせてな

オッサンのアレ。なんてことだ。

Eさんに童貞の自分を隠してLINE

したつもりが見事なまでに下心が

露となったLINEをしてしまった。

 

自分の送ったLINEを読み返し、

急に不安と自己嫌悪が湧き起こり

ました(面倒くせぇオバサンだな)

私の中の乙女がクソ切れている。

「ねぇ!ねぇ!何いってんの!?

女の子から下ネタ振るとかもう

終わってるんですけど!?」

でも、私の中の童貞は止まらない。

 

聞きたいのだ。激務のEさんが

長時間の労働の果てに欲情するのか。

帰宅して、欲情して、ネクタイを

ぐいっと引っ張りその辺に捨てて

Yシャツのまま下半身をまさぐるのか。

 

知りたいんだよ、ほっといてくれ。

気持ち悪いなら読まなくていいよ

俺はこういう人間だ

(何て便利な言葉なんだろう)

 

……すいません、取り乱しました。

 

しかし、Eさんから送られてきた

返事は私の期待を裏切るものでした。

 

「いや、仕事ではあまりない。

肉体労働の人ならあるのかもな。」

 

………夢から醒めたエロババア。

JKから「いや、なんで私の経験を

教えないといけないんですか?」と

ビックリしちゃうほどの真顔で

返されたオッサンの気持ちがわかる。

いや、わからんけど、わかる。

 

私の中でほぼ完成していた

「仕事で疲れた気怠げなEさんが

スーツを着崩した状態で一人

欲情に身を任せている。」という図が

ガラガラと崩れ去ってしまった。

 

どこぞの体育会系が疲れ果てて

欲情していたってどうでもいい。

私の知らない所でよろしくやってくれ。

私にとって、Eさんが欲情しないなら

この話は終わりだ。打ち切りだ。

 

急激に冷めた私は冷え切った珈琲に

口をつけるとEさんにこう返しました。

 

「そうなんだ、ちぇ。

仕事でもそうなら

妄想が捗るのに。」

 

もれてるー、童貞脳、もれてるー。

JKにかわされたオッサンでも

こんな素直に本音を漏らさないよ?

ってくらい、まんま言っちゃってるー。

 

期待からは外れた返答がきたけど

これ以上、例えば「え、じゃあさ

Eさんはどんな時に欲情するのぉ?」

なんて聞く度胸もない(立場にない)

私は、今日のところは大人しく引こうと

思いました。

 

しかし。

 

その後、Eさんから来た返事に

私は思いがけず射抜かれるのでした。

 

元カレEさんとのアレコレ

さんとのこれまで。

にほんブログ村 恋愛ブログへ