アラフォーバツイチ女の恋活、ときどき猫。

アラフォーのシングルマザーが恋活したり猫を愛でたりするブログです。

アイも変わらず

とある回避依存の彼を持つ女性が

「うわぁ…この感じメッチャ彼だぁ」

と言っていたので読みました。

 

kc.kodansha.co.jp

 

…うん、本当に回避依存だ。

 

この漫画の男の子は恋愛感情がない

という設定なので、Eさんとは違うと

思うのですが「好き」「私を見て」

という感情をぶつけられても心が

動かなかったり、気持ちを想像する

能力が欠けていたりは似ているし、

一番同じだなと思ったのは

 

ほっといて欲しいけど

見捨てないで欲しい。

 

と思っているところかなと。

わがままで、自分勝手だと思うけど

それが回避依存の性質みたい。

そんな性質を知って我慢するのも

見捨てるのも私の自由だから、

今はぜんぜん悩んでいません。

 

ある意味、Eさんは自分から完全に

私から離れていくことはないと

思っているので、私の見捨てられ

恐怖はなくなりました。数ヶ月間

音信不通とかはあるだろうけど、

それを待つも待たないも私の自由。

 

この漫画のヒロインは

「私は好きだから好きと言う。

だけど見返りは求めていない、

私は勝手に幸せになる。」

というスタンスで、実際はそんな

割り切り方なかなか出来ないけど、

私も3年間、Eさんと関わってきて

なんとなく同じ気持ちでいます。

 

「好きじゃ!」

 

と思ったら、そう送っています。

Eさんはすぐに既読になります、

でも別に返事はしてきません、

それでいい、言いたいから言うだけ。

好きな人に好きと言えること自体が

今の私にとっては幸せなことです。

 

相手からも「好きだ」と返ってきて

寄り添ってもらえて、家族になって

思いやりを持ち寄り死ぬまで暮らす。

それが最高に決まってんじゃんって

私も思ってるけどね、何となくそれは

ファンタジーに思えてしまって、

Eさんとの、この関係こそがリアルで

私の身の丈に合った幸せなのかなと思う。

 

あくまで今は、ね。

どっかから優しくて寄り添ってくれて

息子も愛してくれる男性が降ってきたら

「空から!最高の旦那が!降ってきた」

って、パズーさながら受け止めて

Eさんの事はきっと忘れると思う。

 

そんな訳で、

「アイも変わらず」面白かったので

読んでみてくださいませー。

ただひたすら「嫌な男だな」って

腹が立つ人もいるかもしれないけど

世の中には案外、人を愛せない事で

苦しんでいる人もいると思うので、

共感はできなくても理解をするのは

悪いことではないのかなと、思います。

 

では、よい週末を。

元カレEさんとのアレコレ 

にほんブログ村 恋愛ブログへ