アラフォーバツイチ女の恋活、ときどき猫。

アラフォーのシングルマザーが恋活したり猫を愛でたりするブログです。

息子と発達障害

相変わらず不登校の息子、8歳。

先月、心理検査を受けてきました。

児童精神科の先生が

 

 

「たぶん能力のバランスが凸凹だと

思うから、その個性を知ることで

彼の支援に役立つと思うよ。」

 

 

と勧めてくれたのがきっかけ。

で、その結果を受け取ってきました。

少しの緊張と少しの期待を込めて

先生の話に耳を傾けました。

 

 

 

結果…

 

 

 

うっは~!すんごい

バランス凸凹ぉお☆

 

 

 

っていうね。心理検査でわかるのは

1,全検査IQ

→全体的な知能指数

2,言語理解指標

→言語による理解力・推理力・思考力に関する指標

3,知覚推理指標

→視覚的な情報を把握し推理する力

4,ワーキングメモリー指標

→一時的に情報を記憶しながら処理する能力

5,処理速度指標

→視覚情報を処理するスピード

 

 

という項目で、それぞれの数値の差が

大きいほど生きづらいというか、

いわゆる発達障害である可能性が

高まります(ざっくり言っているので

御幣はありますが、お許しを。)

 

 

例えば

Aの指標が100で、Bは96で、Cは103

って場合、最大の差は103‐96=7ですよね。

この差が15を超えると発達障害の疑いが

あるらしいです。

 

 

それが、息子の場合…

40

もありました、凸凹も凸凹だわー

 

 

これには結構おどろきました。

産まれてから一度も、健診だったり

保育園の先生だったり関わった人から

発達について指摘された事がなかった。

 

 

実際、

この結果を家族と長年の付き合いの

ママ友に言ったら「は!!!???

いやいや、息子くんは絶対ないっしょ」

って困惑の反応ばかり。

 

 

つまり、発達障害ってそのくらい

表には見えないものなのだと思います。

でも、その心理検査の結果について

児童精神科の先生から説明を受けると

めっちゃくちゃ思い当たる事がある!

 

 

息子は4歳の時から平仮名もカタカナも

漢字もかなり読めました。言葉遣いも

大人さながらの事があり周囲をよく

驚かせていました。

 

 

言語理解指標がアホ高かった、

大人レベルの能力と言われました。

 

 

そして息子はかなりのマイペース。

私が「これやってね~」と言っても

ぜんっぜん耳に入ってない感じ。

なんつーの、決して無視してるのでも

反抗してるのでもヤル気がないのでも

ないのに、重すぎるPCみたいに反応が

めちゃくちゃ遅い。

 

 

処理速度指標がアホ低かった。

頭で理解してもそれを行動に移すまで

普通の子より時間がかかるそうです。

 

 

笑っちゃうくらい、息子そのもの。

ただの個性だと思っていたけど、

いや、実際にただの個性なんだけど

シッカリ反映されるものなのね~

 

 

前のクソ担任に他の子よりも沢山

注意されていたのは、処理速度が

遅い故だったのだと納得しました。

(納得したところで他の生徒の前で

こき下ろした事は絶対に許さんけど)

 

 

そうかぁ

 

 

そうかぁ~

 

 

見た目は子供、頭脳は大人…

 

 

息子はコナン君だった!!

 

 

とまぁ、そんな感じ。

で。

そんな息子をどう支援したらいいのか

先生に聞いたところ「とにかく頭を

使う遊びや仕事を与えたらいいよ、

間違っても単純作業なんてさせずに。

そしたら世界を変える力を発揮すると

思うから、そのくらいの能力はある。」

とのこと。

 

 

あれだ、スティーブ・ジョブズとか

さかなくんとか米津玄師とか黒柳徹子も

発達障害だっていうもんな。

つまり、開花したらエグいって事だ。

 

 

応援するっきゃねぇ。

 

 

そう、思った私です。

ショックは少しもありません。

むしろ方向性が定まりスッキリした。

それに、先生に言われたんですよ。

 

 

「95%が遺伝なんだよね~、

お話を伺っている限りだけど

お母さんからの遺伝かな?」

 

 

って。

そう、かく言う私も超凸凹人間。

幼稚園も学校も会社も、とにかく社会が

つらすぎてフリーランスになった人。

だから、まぁ必然って思いました。

(元夫もシナリオライターで変だし)

 

 

来週、

この結果を担任&教育相談の先生に

報告して今後の対策を考えるのだけど

ん~、どうなるんだろう。学校という

「普通の子たちに合わせざるを得ない」

ところで息子がやっていく道は

果たしてあるのだろうか。

 

 

まぁ、がんばります。

 

 

元カレEさんとのアレコレ 

にほんブログ村 恋愛ブログへ