アラフォーバツイチ女の恋活、ときどき猫。

アラフォーのシングルマザーが恋活したり猫を愛でたりするブログです。

小さなこと

昨日すごい地震があって、
久しぶりに死ぬほどビビリまして。
でも家には息子と猫2匹という私が
守らなきゃいけない存在しかいない。


で、怯える息子に「大丈夫!!
テーブルの下にいれば平気だよっ」と
声をかけつつ玄関のドア開けて火の元を
確認して避難リュックと猫のキャリーを
出してってやってたんですよ。


その間中ずっと、心臓バクバク


で、しばらくして落ち着いて息子も寝て
はぁあ…っと座り込んで家族と仕事先から
来ているLINEを返した流れで、外国人さんと
Eさんに「めちゃくちゃ揺れた〜…」と
LINEを送ったんです。


しばらくして、二人から返事が。


外国人さん「エネルギーを放出しないと
逆に危ないもんね😃」


Eさん「大丈夫か?」


まだ緊張で心が強張っていたので、
Eさんの一言にうっかり泣きそうになった。
別になんの被害もなかったけど一人で
すべて何とかしなきゃって張り詰めていて
口に出せなかった言葉を吐き出せた。


「被害はないけど不安で、怖かった。」


たったそれだけのこと、だからどうだと
結論づけようとしてる訳でもない。
そう言うことが、ありましたって話です。