アラフォーバツイチ女の恋活、ときどき猫。

アラフォーのシングルマザーが恋活したり猫を愛でたりするブログです。

弱すぎる

今日は息子の支援級の日だったんだけど。

先生たち(担任&教育相談&支援級担任)

としては、支援級だけ行くんじゃなく

 

 

通常級の授業 ※通常級=普通のクラス

支援級の授業

 

 

という感じで受けてほしいと言われてて。

それは私が「息子を見ながら仕事するのが

かなり厳しいんです」とSOSを出したから

でもあると思うし、純粋になるべく多く

授業でれたらいいよねって事でもあると

思うんだけど。

 

 

息子は支援級しか行きたくなくって、

今朝も支援級の前にクラスに行ったら

廊下で座り込んでしまい「行かない。」と

言い出しました。

 

 

そもそも学校まで行くのもひと苦労で、

支援級を楽しみにしていたと思ったのに

そろそろ出るという時間になったら溜息が

多くなり「やっぱり嫌かも」とか言うのを

「この間の工作たくさん褒められたね」

「支援級でプログラミングできるよ~」

などと言いながら何とか立て直し、

登校中も息子の好きな遊びをしながら

気分が変わらないように必死。

 

 

だったので、辿り着いたクラスの前で

座り込んでしまった息子を見て脱力。

そして学校に行ってる1時間だけでも

仕事を片付けたかったのに出来ない!?

どうしよう…と猛烈に焦りました。

 

 

われ、シングルマザーぞ。

われが働かずして、食えんのやぞ。

 

 

担任の先生と教育相談の先生も一緒に

「絵具で遊ぶよ?」「みんなと一緒が

嫌なら図工室でやってもいいよ」など

言ってくれたのだけど息子は頑なに拒否。

 

 

「学校自体が嫌いだから」

 

 

と言い放ちました。

その様子を見て諦めた私は先生たちに

「今日は帰ります、仕事があったので

少しでも居れたらと思ったのですが

ムリさせてもあれなので^^;」と

言いました。すると、教育相談の先生が

 

 

「よし、学校探検にいこう!お母さん

仕事だし、先生がみんなが入れない

場所に特別いれてあげるからさっ」

 

 

と言いました、ピクッと反応する息子。

それを見た先生が「どこ行きたい?

理科室の準備室とか屋上…あとは…」と

挙げていき、「放送室とか」と言った時

 

 

「放送室は気になるな…」

 

 

と息子が顔をあげました。そして

「よし!放送室で機材さわるか!」と

先生が言うと「え、触ってもいいの?」

と言って立ち上がりました。

目配せをして喜び合う先生達と私。

「じゃ、放送室探検と支援級おわる頃

お迎えくんね!」と言ってダッシュで

その場から離れました。

 

 

で、急いで仕事…

 

 

できたの30分☆

 

 

息子の説得に30分も使ったので

往復もいれたら全然時間がなくって

メールチェックと急ぎ入稿だけしたら

ぜぇぜぇ走って学校にトンボ帰り。

 

 

息子は先生のおかげで楽しく過ごし

ニコニコだったので「よかったね~!」

と言いながらも、帰ってからの仕事を

思ったら泣きそうで焦りでイライラ。

 

 

家にあったお菓子を一心不乱に

口に突っ込みました。

 

 

で、必死に仕事をしました。

完全に自傷行為としてのカロリー摂取。

ダイエットしてんのに、やっちまった

と思ったけど理性の入る隙なんてなく

「とにかく、何かで満たしたい」って

感じでした。

 

 

で、何とかかんとか仕事を終えたけど

ぐったりで動けず。最後の力で

息子にサラダと牛丼を食べさせると

倒れこみました。

 

 

あ~ぁ、よえ~な、私。

こないだ気分転換したばっかなのに

もうエネルギー切れ。

 

 

息子がまだ学校にいく状態まで

整ってないのに仕事があるからって

必死になったのも自己嫌悪。

 

 

どうしたらいいんだろ。

どうしたら息子と笑顔で過ごせるんだ。