アラフォーバツイチ女の恋活、ときどき猫。

アラフォーのシングルマザーが恋活したり猫を愛でたりするブログです。

我、思う

これはEさんの問題でなく己の問題だと。
「おばはんやからな笑」この一言で
ズーン…ってなるのは、私がそこに対して
コンプレックスを持っているからだと。


もちろん「女性におばはんとか言うな!」
って話だしデリカシーのない発言だったのは
その通りなんだけど。


私が「おばはんて言うな!」と言ったら、
「新陳代謝が落ちてくるからのぅ」って
返してきたのは


『やべ……中年だから痩せなくて当然って
軽く言ったら、まめをイラッとさせたわ。
disった訳ではないって伝えなければ…』


って思ったからなんですよ(知らんけど)
Eさん普段から、人の年齢や外見について
偏見的なこと一切言わない人だからね。
ウッカリだなって分かってるから、私も
一度は溜飲が下がったわけなんです。


なのに引きずったのは、私自身が最近の
The!中年って外見にコンプレックスを
抱いてるからで。Eさんに不満をぶつけても
仕方ないわって思いました。
(言うとしても会った時に言いたいし)


アラフォーとしての自分に自信がないか?


と聞かれると、そんな事はないと思う。
仕事は大変だけど年齢なりの結果はだしてて
子供のことも、至らない点ばっかだけど
それなりに頑張ってる自覚はある
(親が頑張って解決できるかは別として)


でも外見は、外見だけは、やっぱダメだ。


体重計に提示されるカラダ年齢「49歳」
だもん、弛んだ体はアラフォーを越えて
アラフィフのそれだと思う。
顔面もだいぶ弛んでシミシワもあるし、
歳を感じざるを得ない。


長年のコンプレックス「デブ」に、
どうしたって抗えない「加齢」が加わって
どこから手をつければいいの!?って
混乱状態だ。


この半年、食事改善と運動は頑張ってるし
埋没法で瞼のたるみを軽減させたり、
レーザーでシミ取ったり(色素沈着したけど)
頑張ってるけど、効果のほどは微妙……


そんな中での「おばはんやからな笑」
だったから、致命傷だったって言うお話。
当然、Eさんは私の悩みを知る由もなく。


コンプレックスから開放されるには、
一体どうしたらいいんじゃ。
(って、年に一回くらいは言ってるけど)
年相応の小綺麗な女性になりたいだけなの!


食事、運動、美容医療、サプリ、化粧品
そこそこ情報収集して実践してんだけどなー
美のプロにご指導いただきたいわ。